野山の花たち

noyamanoha.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 17日

東京都薬草園 2018年その2

薬草園の奥の方は武蔵野の雑木林はこうだったんだろうなと思わせてくれます。そこに キンランが咲いています。
案内していただいたボランティアの方に聴くと、毎年だんだんんと増えているとのことでした。
訪問した4/20でほぼ満開でしたから、今年は本当に早いです。木漏れ日を浴びて、可愛く輝いていました。
b0277218_22064544.jpg
スズランも咲いていました。ドイツ鈴蘭のようです。地下茎でどんどん増えて群生するのですが、毒草なんですよね。
でも、純白のベル形をしている花はとっても素敵ですね。
b0277218_22062637.jpg
ここ薬草園の雑木林にはミミガタテンナンショウが数多くみられますが、花壇に小ぶりでとってもキュートなウラシマソウが植えられていました。
b0277218_22065978.jpg
フデリンドウです。こぼれ種で増えるんでしょうか、あちこちに散らばって咲いていました。コケリンドウ、ハルリンドウ、フデリンドウは春咲きのリンドウです。
b0277218_22070862.jpg
サクラマンテマの一つ、シレネディオイカが今年も咲いていました。
b0277218_22071217.jpg

[PR]

# by noyamano-hanatach | 2018-05-17 22:24 | シゲさんの山野草
2018年 05月 10日

東京都薬草園 2018年その1

今年も小平市にある東京都薬用植物園を訪れました。今年は暖かいせいで花が早咲きしていることもあって4月20日ぐらいがよいのかと、例年より早く来ました。キンラン、ギンランをはじめヒマラヤの青いケシも咲いていて、正解でした。
b0277218_21130349.jpg
ヒマラヤの青いケシが温室で咲いていました。きれいですね!
ここにくるとマリファナを作るケシが柵の外から何種類も見れるのが大きな特長です。そして無害なケシも栽培されています。ケシ科の花は蠱惑的ですね。人の心を魅了します。
b0277218_21141421.jpg

虞美人草、別名ヒナゲシです。目のさめるような真紅の花が成熟した大人の雰囲気を漂わせています。
b0277218_21143790.jpg

おなじみのアイスランドポピーです。清純な乙女という感じでなんともキュートです。
b0277218_21143069.jpg
ハナビシソウ 別名カリフォルニアポピー もなかなかです。
b0277218_21144356.jpg
ロックガーデンでは アヤメの仲間のイチハツが咲いていました。アヤメの仲間で一番最初に咲くのがこの花です。
b0277218_21150186.jpg
白のカザグルマが咲いていました。私は紫のカザグルマが大好きですが、白もいいですね。
b0277218_21150880.jpg


[PR]

# by noyamano-hanatach | 2018-05-10 07:06 | シゲさんの山野草
2018年 05月 02日

花見山の錨草 (良)4月19日撮影

 福島の花見山(185m)は、花卉農家が大正時代から花を植え育て続けて作り上げた花の山です。写真家の秋山正太郎さんが紹介してすっかり有名になり、最近ではツアーも出るほどです。その花見山の1時間コースと花の谷コースを、写真を撮りながら歩いてきました。残念ながら、最盛期からは1週間以上遅く多くが葉桜になっていて華やかな風景には出会えませんでしたが、天気も良かったので遠くに雪の残る東吾妻山や安達太良山の山々と残った桜などの花卉が作る風景を愛でるには十分でした。

菜の花畑の向こうに花見山が・・・ 最盛期にはピンクの桜花で埋め尽くされたのです。

b0277218_19405604.jpg

レンギョウが咲きほこる黄金の山道の向こうに東吾妻山が望めます。

b0277218_19414729.jpg

10日くらい前は、東吾妻山の手前は一面のピンクだったと思います。残念。

b0277218_19415630.jpg

イカリソウ(錨草) めぎ科

 ピンクと白です。いろいろな色があるようです。日の当たる山道の脇によく咲いていました。

b0277218_19420343.jpg
b0277218_19420728.jpg

シュンラン(春蘭) らん科

雑木林の中で、一株を見つけました。自己主張しているように見えても、淡い緑では見落としそうになりました。春を、勢いを強く感じる花です。

b0277218_19421235.jpg

ムラサキケマン(紫華鬘) けし科

 赤紫が日に輝いて、林床に群生していました。ブルーの色のものもあるようです。華鬘とは、仏堂における荘厳具の一つで、堂内の梁にかけるものだそうですが、この花を見てその華鬘を連想した人はすごいと思いました。

b0277218_19421662.jpg

クサノオウ(草の黄) けし科

 生命力が強いこともあって、山道によく咲いていました。黄色がとてもきれいな花です。ヤマブキソウに花の色と形が似ていると思ったら、仲間ですね。

b0277218_19421978.jpg

シロバナタンポポ(白花蒲公英)  きく科

 花の谷コースを歩いて出会いました。シロバナタンポポとしましたが、写真では判りにくいですが、実はクリーム色です。総苞(花びらの下の部分)の総苞片が反り返っているのが西洋タンポポで、反り返っていないのが日本タンポポであると以前シゲさんに教わりました。これは、反っていませんので日本たんぽぽです。黄色い花と白い花の交配したものと思いましたが、白花は全く見当たりませんでしたし、近くには黄色い花もありませんでした。ふしぎですね。

b0277218_19422209.jpg
b0277218_19423085.jpg


[PR]

# by noyamano-hanatach | 2018-05-02 19:52 | 良さんの出会った花たち
2018年 04月 22日

裏高尾を訪ねて その2

私がここ裏高尾に毎年この時期に訪れるのは ヤマエンゴサクに会いたいというのが大きな理由です。
このなんとも言えない淡いブルーのスプリングエフェメラルが大好きです。
b0277218_14550589.jpg
b0277218_14551707.jpg

アズマイチゲです。この花も大好きです。あたり一面にこの花の葉が茂っている中でポツンポツンと
しか咲いてくれないアズマイチゲ。清楚で可憐です。我が家で鉢植えに挑戦しても毎年、ため息ばかりで
一向に咲いてくれません。
b0277218_14552486.jpg
キバナノアマナも咲いていました。高尾ではまだ一度も 普通のアマナは観たことがありません。
b0277218_14553554.jpg

半日陰ではミヤマカタバミが俯いて咲いています。めずらしく、上向きの個体に出会うことができました。
b0277218_14554006.jpg
ショウジョウバカマです。元気いっぱいに咲いていました。
b0277218_14555692.jpg
カタクリです。春爛漫です。
b0277218_14560347.jpg


[PR]

# by noyamano-hanatach | 2018-04-22 16:27 | シゲさんの山野草
2018年 04月 15日

2018年春の裏高尾  その1

今年も3月の終わりに 裏高尾へ早春花を観に行ってきました。ここ数年、ずっと続けている定点観察です。
1月に雪が降ったけれど 今年は例年になく花が早く咲いていそうだと予想していましたが 案の定、ニリンソウもエンゴサクも満開でした。
タカオスミレに運良くであうことができました。3月末の頃では スミレの種類が多い高尾山といえども このタカオスミレ、タチツボスミレ、ナガバノスミレサイシンぐらいです。
b0277218_22280940.jpg

地味な花、カテンソウもこの時期の野草です。赤いところが花です。

b0277218_22282721.jpg
ユリワサビが日陰には咲いています。清楚で可愛いい花です。
b0277218_22283209.jpg
ニリンソウがもう満開でした。

b0277218_22285165.jpg
キクザキイチゲにも出会いました。裏高尾ではシロバナだけですね。
b0277218_22284285.jpg



[PR]

# by noyamano-hanatach | 2018-04-15 22:44 | シゲさんの山野草